TOP PAGE

ネック折れ リペアレポート Part 1

MENU

六軒楼に戻る

IMG6073

 リペア紹介のページでもネック折れは取り上げてるが、こちら六軒楼ではその工程をご紹介しよう。なかなかよい機会が無くてずっと出来なかったのだけど、当方で手掛ける施工例として参考になれば幸いだ。

 しかしタイミングというかよりによって”ロボット”が来るとは思わなかった。初めてバラすので、ちと警戒してしまったが、意外と基板部分はそんなにデリケートな物でもなさそう。外してしまえばいつも通り?のネック折れだったので一安心。

 ま、少々長い話になりますが、お付き合いくだされ。
では、始まりはじまり〜。

その1 補強は要るか?

 ネック折れの修理方法はいろいろだ。接着のみ、塗装の有無、補強の有無、補強パターンは?、使用する接着剤は?、塗装はツブしか木目か?。挙げればまだ出てくるが、これらは全てのご要望を受けられるものでもない。強度的に ”ここまでやらないとキビシい、不安が残る” 等、引き渡し後にも責任持てる施工内容をこちらからご案内させていただいている。そこでまず最初にする事は、どのような内容になるかを見極める事だ。

 

IMG6073a

 では、今回の割れ口はどんなか?というと結構パックリいってて口は充分開く。しかしヒビが多い。(写真1)ヒビというのは厄介なもので、開かないから接着剤が入れられない。個人的に再発の多くはこのヒビがきっかけになっているのではないかと思う。この段階で要補強にチェックが入る。

 そして、口はちゃんと閉じるか?。閉じなければ大抵何かつっかえているか、膨張収縮等で形状が合わなくなっているかだ。このギターの場合は割れ口の先端部が噛んでしまっているようで、ここを取り除く事になる。どうせ補強は要るのだから迷わずチョン。(写真2,3,4)

IMG6079
IMG6091 IMG6092

その2 接着

IMG6094
IMG6093

 ほとんど段差無く口が閉じる事が確認できたら接着作業に入る。僕はこの段階で、指板とヘッド(今回ヘッドストックは塗装しない為)をマスキングしてしまう。結局塗装前に貼り直す事も多いのだが、むき出しでの作業はやはり気が引ける。(写真5)

 ヘッド部のマスキングについてだが、ペグ穴とロッド部は切り取っておく。ペグ穴は、中にサンディングの粉等が溜まり易い。塞がってるとガンを吹いた時に舞い散るので、抜いておいた方が無難だ。ロッド部ははみ出た接着剤を取り除く他、補強部材を整形する時の為にも切り取っておく。(写真6)
 そう、トラスロッドナットと半月型のプレートも外しておく。

 今回使用する接着剤は、お馴染みタイトボンド。写真5に写ってるヤツね。殆どの場合コレを使っている。乾燥後の色見がマホによく馴染むので、接着部が目立たないのが良い。

 これを割れ口の奥まで行き渡らせるには、ギターを逆さに抱えて口をパクパクさせてやると簡単。(写真7


 タイトボンドは水溶性なのではみ出た分の拭き取りも楽だし、何より塗装に影響が無い為、気兼ねなくたっぷり使う。とは言っても実際に接着層として残る分は極力少ない方が良いので、クランプで締め付けて余分を出し切る。この辺の締め付け加減には少々気を遣う。(写真8,9)

 これでまず第一段階終了。次の作業は一晩以上寝かせてからにしている。

IMG6097
IMG6095 IMG6096

その3 患部の除去

 接着が終わったら、しっかり付いたか確認。過去に一度だけ、この段階で再び折れたヤツがいた。ヒビが多い時はホント要チェックだ。

 で、OKなら自家製の治具に固定する。ここからは画像をメインに進めていこう。(写真10〜)

IMG6124
IMG6125
IMG6128
IMG6131
IMG6130 IMG6132
IMG6132a
IMG6135a IMG6134a
IMG6136
IMG6138
IMG6137

さぁ、ちょっとここらで一休み。あまり重くしてもなんなので、ページを変えましょう。Part2へ続く。

Part4

Part2

Part3

六軒楼に戻る

MENU